寝違え|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ 戸田市 武蔵浦和 蕨市


埼京線「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 戸田市 蕨市

月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

連携駐車場がございます。詳しいご案内はこちら

寝違え

みなさん一度は経験があるでしょう、目が覚めたら首が動かない、痛いというあれです。

首の後ろや首の後ろから肩にかけて痛みがでて、どちらか一方に首を向けると痛いと思う方が多いようです。

少し痛いなという程度の場合もあれば、かなりの痛さで首が動かず、日常生活に支障をきたすということもあります。

原因

寝違えの原因としては、睡眠時に不自然な姿勢でいたために、首の筋肉に負担をかけてしまい一部の筋肉が阻血(血液の供給が不足)に陥いっていたり、前日などにいつもしないスポーツや労働をして筋肉が痙攣(こむら返り)したり、頸椎の後ろの関節(椎間関節)の炎症がおこるなどの原因が考えられています。

不自然な姿勢になってしまう原因は?

寝相が悪い

寝相というのは個人差が大きいかと思いますが、よく寝違えてしまうという方は、かなり疲れて倒れこむように寝てしまう、泥酔した状態で寝てしまうなど、眠りに入る際に原因がある事が多いです。

疲労していたり酔っていたりすると、変な姿勢で眠ってしまい、寝返りを打つなどして姿勢を正すことが難しいため、そのまま起きるまで無理な負担を首にかけてしまいがちです。

枕の高さが合わない

睡眠の質には枕が大事とは言いますが、合わない高さの枕を使うこと自体が首に負担をかけてしまいます。

姿勢は良くても、寝ている間に枕のせいで首に負担がかかるということがあります。

診断

寝違えの診断としては他の病気と区別することです。

例えば、手足にしびれがあるなどの神経系の症状がないか、レントゲン撮影をして骨の変形などがないかを確認します。

寝違えの場合には、首は痛くて動きませんが、神経や骨には異常がないので、これで診断します。

起床時に痛みが強く、数時間から数日で徐々に痛みが軽減し、徐々に首を動かして治っていくのが一般的です。

治療

まず、安静にすること。市販の湿布などを用いて痛みを改善することもあります。

痛みが強い場合やなかなか治らないという場合には、学校や仕事、日常生活に大きく支障が出てしまいますので、整形外科を受診しましょう。

内服(鎮痛剤や筋弛緩剤)や外服薬(鎮痛消炎効果のある湿布)の処方があります。

比較的早い痛みの改善が期待されます。

また、トリガー注射やハイドロリリース(ハイドロリリースのご案内はこちら)が有効なことがあります。

マッサージしてもらうのも有効な場合もありますが、患部を刺激してしまってかえって痛めてしまうということもありますので注意が必要です。

これまでご説明しました治療で大抵は改善されますが、それでもまだ痛いという場合には、他の病気が隠れていることが考えられます。

たかが寝違えと思わず、油断は禁物です。

つらい場合には無理せず整形外科を受診しましょう。

このページの先頭へ戻る