テニス肘(上腕骨外側上顆炎)|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ 戸田市 武蔵浦和 蕨市


「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 戸田市 蕨市 リハビリテーション

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックの診療時間:月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックの電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックには連携駐車場がございます。詳しいご案内はこちら

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

症状

物を持ち上げたときやタオルを絞る動作をすると、肘の外側に痛みが生じます。

病態

テニス愛好家に生じやすいのでテニス肘とも呼ばれています(テニスのバックハンドをしたときに痛みが生じます)。

主に、短撓側手根伸筋という肘の外側に付着している伸筋腱(手首を伸ばす筋肉)の起始部が障害されて痛みがでると言われています。

診断

外来で簡単に行える疼痛を誘発する試験で診断します。

以下の3つの検査が一般的で、いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します。

1. Thomsenテスト

検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)を伸ばしてもらう。

2. Chairテスト

患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。

3. 中指伸展テスト

検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

治療

  • 肘患部へ湿布薬使用することや、痛みが強いときは局所麻酔薬とステロイドの注射を行うことがあります。
  • 必要に応じて、テニス肘用バンドを使用します。
  • スポーツや手を使う作業、重たい荷物もつなどは控えましょう。
  • 手首や指のストレッチを行いましょう。肘をまっすぐに伸ばし、健側の手で患側の手の甲の辺りに添えて、手首を手のひら側に曲げるストレッチを行いましょう

リハビリでは、上記のようなストレッチの指導および必要に応じて電気治療を併用しております。

このページの先頭へ戻る