へバーデン結節|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ 戸田市 武蔵浦和 蕨市


埼京線「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 戸田市 蕨市

月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

連携駐車場がございます。詳しいご案内はこちら

へバーデン結節

指の第1関節が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。いろいろな程度の変形があり、すべての人が強い変形になるとは限りません。

症状

示指(人差し指)から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。

痛みを伴うこともあります。母指(親指)にもみられることもあります。第1関節の動きも悪くなります。

また、痛みのために強く握ることが困難になります。

第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることがあります。
これをミューカスシスト(粘液嚢腫)と呼びます。

原因

残念ながら原因は分かっていません。

一般に40歳代以降の女性に多く発生します。手を良く使う人にはなりやすい傾向があります。

病態

第1関節の所見はX線(レントゲン)所見や手術所見から見ても変形性関節症です。

第2関節に生じる類似疾患にブシャール結節があります。関節リウマチとは異なります。

診断

第1関節の変形、突出、痛みがあり、X線写真で関節の隙間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨棘(こつきょく)があれば、へバーデン結節と診断できます。

治療

保存的療法としては、局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがあります。

予防

第1関節が痛むときは安静にしましょう。痛くても使わなくてはならないときは、テーピングがお勧めです。

普段でも指先に過度な負担が生じることを避けましょう。

指の痛みなどありましたらご相談ください

指の関節が腫れている、手を握ると痛い、指の関節に出っ張りができてしまったなど、症状がありましたら我慢せずにまず整形外科を受診してみましょう。

このページの先頭へ戻る