北戸田ナノ整形外科クリニックの「五十肩」のコラム|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


埼京線「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション

月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

クリニック裏手にコインパーキングがございます

五十肩

五十肩は、50歳位に好発する肩の疼痛と可動域制限を有する肩関節疾患の総称です。

原因

明確な理由は明らかになっておりませんが、加齢に伴って筋肉や関節が固くなり、血液の循環が悪くなった場合に、炎症や痛みを引き起こすとされています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が罹患するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

症状

髪を整えたり、服を着替えたりすることが不自由になったり、時に夜中に、肩の痛みのため眠れないこともあります。

このように、動作時の痛みと夜間痛が特徴的で、肩の可動域制限を伴うこと多いです。

治療

五十肩の痛みは自然と治癒していくこともありますが、肩の可動域制限の回復には1年位かかることが多いです。

放置すると、日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあります。

疼痛が強い時期には、安静、消炎鎮痛剤などの内服や注射治療が有効です。当院では、エコーを用いた正確な関節内注射や肩峰下滑液包への注射を施行しております。

PT(理学療法士)の指導による肩可動域訓練やストレッチが有効です。

また、急性期が過ぎた場合、必要に応じて、腋窩神経ブロックや神経根ブロックを駆使してマニピュレーション(肩関節の受動術)を施行します。これは、注射とPT(理学療法士)による運動療法や温熱療法が合わさってできる治療法と考えています。

これらの方法で改善しないときは、手術(関節鏡下手術)を勧めることがあります。その際は、適切な病院にご紹介したいと思います。

の病気
頸椎の疾患
ねちがえ
うで・肩の病気
五十肩
肩腱板損傷
石灰沈着性腱板炎
胸・背中・腰の病気
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
手・指の病気
ばね指
へバーデン結節
ひざの病気
変形性膝関節症
半月板損傷
膝靭帯損傷
の病気
足関節捻挫
アキレス腱断裂
肉ばなれ
その他の病気
骨粗鬆症
痛風

このページの先頭へ戻る