北戸田ナノ整形外科クリニックの「石灰沈着性腱板炎」のコラム|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


埼京線「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション

月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

クリニック裏手にコインパーキングがございます

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎は肩腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、急激な痛みがでるものです。痛みだけでなく可動制限も生じるもので、中高年(40~60才)の女性に多く見られる疾患です。

症状

突然、肩関節に強い痛みを感じることがほとんどです。

痛みは安静にしていても強く、そのために肩関節を動かすことができません。

夜間に急に発症することが多いのも特徴です。そして痛みのために睡眠障害も生じてしまいます。

発症後1~4週間強い症状が現れる急性型、中程度の症状が1~6ヶ月続く亜急性型、運動痛などが6ヶ月以上続く慢性型があります。

原因

リン酸カルシウム、石灰が沈着してしまう事が痛みの原因ではありますが、そもそもなぜ石灰が沈着するのか、原因は特定されていません。

水分不足による、脱水状態では発症しやすい傾向が見られます。

治療

石灰沈着性腱板炎は治療をせずとも、石灰の結晶が消えていくと自然に治っていきます。

しかし、実際には激しい痛みを早く軽減するために、消炎鎮痛剤や局所麻酔注射などを行います。

また、鍵盤に針を刺して、沈着した石灰を吸引して取り除く方法もあります。強烈な痛みがある場合は、無理をせずに、整形外科で受診しましょう。

また、石灰が固まって石膏状になった場合には、注射での吸引が難しいため、手術で摘出することもあります。

痛みがとれてからは、患部を温めてほぐしたり、リハビリテーション(温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化))などでしばらく動かせなかった肩を運動させ、肩の機能を回復しましょう。

の病気
頸椎の疾患
ねちがえ
うで・肩の病気
五十肩
肩腱板損傷
石灰沈着性腱板炎
胸・背中・腰の病気
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
手・指の病気
ばね指
へバーデン結節
ひざの病気
変形性膝関節症
半月板損傷
膝靭帯損傷
の病気
足関節捻挫
アキレス腱断裂
肉ばなれ
その他の病気
骨粗鬆症
痛風

このページの先頭へ戻る