ストレートネック(スマホ首)|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ 戸田市 武蔵浦和 蕨市


「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 戸田市 蕨市 リハビリテーション

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックの診療時間:月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックの電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニックには連携駐車場がございます。詳しいご案内はこちら

ストレートネック(スマホ首)

正常な背骨は横からみると、S字のような形をしています。

首の骨の部分のカーブが消失し、真っすぐになってしまった状態を『ストレートネック』と言います。

ストレートネックが進行すると、痛みや関節可動域の低下を招き、頸椎のヘルニアを引き起こすこともあるため注意が必要です。

ストレートネックの原因

うつむいた状態でいることが習慣になっているとストレートネックになりやすいと言われています。

特に、現代人はデスクワークや長時間スマートフォンを操作するとき、画面を見るために頚を前方に傾けます。

本来であれば、頚椎は程よくカーブ(前弯)していて、カーブすることで、頭の重みが直接頚椎にかかるのを防いています。

人の頭の重さは、成人の場合、体重の1/10と言われています。すなわち、50㎏の人は、5㎏のお米の袋が頚椎にのしかかっている状態です。

頚椎がストレートであると、直接5㎏の重みが頚椎にかかるので、負担がかかると言われています。

頭を傾けて、スマホを見る時間が長いと、頚椎がまっすぐとなるため、頚椎に直接負担がかかります。

このような状態を『ストレートネック』や『スマホ首』とも呼ばれています。

また、睡眠時に高さの合わない枕を使用することでも「ストレートネック』になってしまうことがあります。

ストレートネックの症状

以下に心当たりのある方はストレートネックになっている可能性があります。

  • 肩や首、肩甲骨などのコリがひどい
  • 首の可動域の制限
  • めまい、頭痛、耳鳴り
    頭の重みで頚椎の関節と関節のすき間が狭くなると、そこにある神経が圧迫されて、多様な症状をだすことがあります。
  • 目が疲れやすい
  • 猫背になることがある。
    本来、人の背骨は緩やかなS字となっていますが、頚を突き出した姿勢、下を向く姿勢が続くと、頚椎の曲線が失われ猫背となることがあります。

治療

まずは医師の診察の上、ストレートネックの進行状況を確認します。

お薬で痛みやコリを緩和して、生活習慣の改善や『肩こり体操』の導入を相談し、進行具合に応じて超音波治療器や理学療法士(PT)によるリハビリテーションを組み合わせて治療していきます。

ストレートネックのセルフチェック方

壁を背にして、気を付けの姿勢をとる。

正常では、後頭部、肩甲骨、臀部、踵の4か所が自然につく。

ストレートネックでは、後頭部が壁につかないか意図的に首を後ろに倒さないとつかない。

予防

ストレートネックは日々の習慣で予防を心がけましょう。

下記の点を意識しましょう。

  • 同じ姿勢を続けないように意識しましょう
  • デスクワークの場合、1~2時間に一度は軽く身体を動かすようにしましょう
  • 長時間の下向いた姿勢でのスマホの使用を控えましょう。スマホ使用のときは、高さに気をつけ、本体を顔の高さにするようにしましょう
  • 適度に運動をする習慣を取り入れましょう
  • PC画面の高さ椅子の角度、椅子の高さを調整して首への負担の軽減を図りましょう

このページの先頭へ戻る