北戸田ナノ整形外科クリニックの「腰部脊柱管狭窄症」のコラム|「北戸田駅」東口徒歩2分の北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


埼京線「北戸田駅」から徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科 北戸田ナノ整形外科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション

月・火・木・金は9:00~12:00、15:00~19:00|土曜は9:00~13:00|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号048-229-8117

埼京線「北戸田」駅から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります

クリニック裏手にコインパーキングがございます

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の背中側にある、神経の入った脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され痛みを引き起こす病気です。

症状

下肢の痛みやしびれがあり、腰にも痛みと違和感がでてきます。

最も特徴的な症状は歩行にて下肢の痛みが強くなり休憩したくなる「間欠性跛行(かんけつはこう)」という症状です。

また、進行すると、下肢の筋力低下や、排尿障害、便秘(膀胱直腸障害)などの症状が現れることがあります。

原因

脊柱管は背骨、椎間板、(椎間)関節、黄色靭帯などで囲まれた神経が通るトンネルです。

加齢とともに背骨が変形したり椎間板の弾性がなくなったり、黄色靭帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり、神経の圧迫をうけ脊柱管狭窄症が発症します。

治療

安静にし、楽な姿勢(前かがみの姿勢)を保ちます。また、自転車こぎも痛みが起きにくいので良い運動になります。

保存的療法としては、リハビリテーション、コルセット、血流を良くする薬やブロック注射を行うことがあります。

これらの治療をしてなお痛みがひどく、歩行が困難な場合や下肢筋力低下及び膀胱直腸障害がある場合は、手術が必要になります。

手術には内視鏡を使用した手術や、必要に応じて腰椎を固定する手術があります。

の病気
頸椎の疾患
ねちがえ
うで・肩の病気
五十肩
肩腱板損傷
石灰沈着性腱板炎
胸・背中・腰の病気
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
手・指の病気
ばね指
へバーデン結節
ひざの病気
変形性膝関節症
半月板損傷
膝靭帯損傷
の病気
足関節捻挫
アキレス腱断裂
肉ばなれ
その他の病気
骨粗鬆症
痛風

このページの先頭へ戻る