「北戸田」駅より徒歩2分の整形外科 戸田市 武蔵浦和 蕨市

北戸田ナノ整形外科クリニック 埼京線「北戸田」駅より徒歩2分の整形外科、リハビリテーション科

新型コロナウイルス感染症への対応について

休診・診療時間変更などのお知らせ

オープニングスタッフ募集中

どのような症状で
お悩みですか?

診療内容

ご挨拶

院長 加藤 仲幸

はじめまして。院長の加藤 仲幸(かとう なかゆき)と申します。
この度、北戸田ナノ整形外科クリニックを開院いたしました。

私は約20年勤務医として、整形外科一般、特に脊椎外科の治療に従事して参りました。

1000例以上の脊椎疾患の症例の手術を施行し、改善する患者さんを拝見してきました。

一方、手術するには至らない患者さんが、どうすれば痛みから軽減されるのかを
学んで参りました。

これから地域のみなさまのご指導を受けながら成長していきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

医師紹介ページはこちら

当院の理念

『親切で思いやりのある笑顔の絶えない診療』

身体の健康は、心の健康でもあります。
よりよい人生を送るためには、肉体的な健康と精神的な健康の両方が大事であると考えます。

痛みが楽になれば、心も晴れやかになると思います。特に身体機能が回復・向上すれば、どんなにすばらしいことでしょう。

それを叶えるために少しでもサポートできればと思っております。

笑顔を絶やさず診察をおこない、スタッフ一人一人が個々の患者さんに何ができるかを考え、良質、親切、信頼される医療をスタッフ一丸となって提供します。

ナノの由来

クリニックロゴ

nano(ナノ)は、10億分の1という単位です。
我々が接する時間は、人生の中でほんの一瞬かもしれません。

その一瞬でもつらく大変な時期があります。特に体がつらいと心もつらくなりがちです。

少しでも、体と心の健康をサポートできるとよいと考えます。そんな願いからナノ整形外科とさせていただきました。

また、nano(ナノ)にはnewtral(ニュートラル)という意味があります。

自然体で中立的な立場から(ときには患者様の立場から、ときには医者の立場から)、良いアドバイスができればよいと思います。

お知らせ

新型コロナウイルス感染症への
対応について
現在新型コロナウイルス感染症が流行しております。
次の症状がある方は受診の前に、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
  • 風邪の症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている。
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
<重症化しやすい方>
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
以上の方は、上記の状態が2日程度続く場合には帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口
南部保健所
電話:048-262-6111

新型コロナウイルスの対応については、戸田市情報ポータルサイトにても詳しく案内されていますので、ご覧ください。
混雑状況のお知らせ
15:00~17:00の時間帯は、比較的空いております。
夕方以降は混雑する傾向がございますので、待ち時間を少なくしたい方は、上記時間帯にご来院されることをおすすめします。
PT(理学療法士)、医療事務・リハ助手募集中
北戸田ナノ整形外科クリニックでは現在、PT(理学療法士)(常勤)、医療事務・リハ助手(パート)の募集を行っております。
募集に関する詳細はこちらをご覧ください。